ブログ

15L 2021開幕

15L 2021が 開幕しました。結果を先に書くと FCVに 2-1で勝つことができました。野村は 現地にはいませんでしたが、親さんが ビデオ撮ってそれを見せてもらいました。撮影した親さんも 嬉しかったのだろうと思います。選手がいい試合をしてくれたことは そのほかの皆さんにも喜んでもらえてそれはいいことです。

麻季臣監督が 書く前だけど、試合の感想を 好き勝手に書いておきます。正確なことは 麻季臣監督の ブログUPを待ってください。

立ち上がり 決定機が 続けて3度ありました。Tリョウタ・ケイイチロウ・CKからAリクト。Aリクトは絶対に触らないといけません。ケイイチロウはバレてます。Tリョウタは あの場面で ミスなのか 何を考えていたのか不明です。

立ち上がりの印象は Kリクトが スリッピーなピッチに対応できてなかったか、バタついている印象がありました。TリョウタとTヒロトは 線が細いなぁ。試合が落ち着いてきて お互いにチャンスはあって前半中過ぎに リトの素晴らしいパスからユウシで先制できました。Vにもチャンスがあったので先制できたのは楽になったと思います。選手の心理としては これで五分くらいだったかもしれない。お互いにね。

ユウシは 相変わらずな感じだったけど、ベストのプレーは 後半の左縦突破からのグラウンダーのクロスだったと思う。中が、決めてくれないと。ただ、シュートとクロスの選択 と 突破の 縦か中かの選択を 各1回 間違えたな。シュートにいったときはマイナスにシュンタがフリーだった。ホリは安定していて頼もしくなってたなぁ。左右蹴れるし ビルドアップで持ち出せるし、Hも強い。賢くて支持も出せている。

後半も 決定機がありました。カイト・シュウヤ。監督に 次も使ってもらいたいと思うなら きちんと仕事しないとだめですよ。それは ケイイチロウもTリョウタも同じです。

お互いにチャンスのあった試合なので どちらが先に決めるかで結果は変わっていたかもしれません。Vはあまり試合していなかったようなので 第1節で当たったのが一番のラッキーであったと思います。そして、決めるとこ決めることができる選手が うちにいたということが結果につながりました。あんまり褒めたくないんだが、この試合は リトだったと認めざるを得ないね。

あと3度もピンチ作ったバカ野郎。ジャガイモだったら殺してる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る