ブログ

14L 2節 vs フォレスタ関

14L2戦目です。
今回は翼スタジアムなので、パスミスが起きたら選手のパス精度のレベルがはっきりと分かります。フォレスタは14の選手が少なくて、 13の選手がほとんど。試合前の印象として、能力的なところで苦しむ事はなさそうという感じ。

スターティングは前と違って、ケイイチロウをトップ下に。トウハラを右SB。カイトをトップ。タカラを左ワイドに。ケイイチロウは練習からDFの位置が分かっている印象があったから、今日は前で使ってみる。ダメだったらトウハラと変えようぐらいで。カイトは、決して上手い選手ではないが、顔を出すタイミング、裏に抜ける動きが良くて出してみる。試合前に、ボールを受けたらケイイチロウ、クリタ、シュンタあたりに1タッチ、2タッチで落とすかサイドに散らすかをやってほしいと伝える。

前半は開始4分あたりに、カイトのクロスにノグチが合わせる。その3分後にはカイトのクロスにノグチ。この時間帯に2点決めたから、前半は安心できる試合展開になった。

結果から言うと、前半は7-0。基本的には、カイトかケイイチロウに当てて、落として、サイドに展開。主に右のノグチ、ハルトからクロスが上がって、中に合わせるような、うちとしては理想的な決め方。

一番見てて気持ちよかったのは3点目。自分の記憶が正しければ、自陣のペナ前からボールを奪って、クリタ→シュンタ→カイト→シュンタorケイイチロウがサイドに左に展開→広いスペースにユウシがスピードを持って運び、右隅に美しいシュート。相手のプレッシャーを受けないスペースにボールを動かした、理想的なビルドアップからのゴールでした。

前半の印象は、フォレスタの子がボールに対してプレッシャーが十分に来られていなかったようだから、きちんと繋げていれば、気持ちよくボールが前に運べる。普通のことが、普通にできている選手には楽しくやれていたと思う。前半残り15分頃から、変えていっても問題なかったが気持ちよく回せている状況なので、試合前に伝えているチームとしてやりたいことができていない、ノグチ、ユウシ、真ん中でリズムを崩してしまうケイイチロウ以外は交代なし。


前半のメンバーにちょっとコメント

アダチ トウハラへのパスはほとんどズレていた。途中でカバーリングが良くなってきたのは○。ホリ一人じゃコーチングは足りないから、間違ってても声は出すようにしてほしい。

クリタ 横から受けるターンが逆。周りが見えてそうで、あんまり見えてないから消極的なプレーになる印象がある。ただ受ける動きは相当意識するようになって、少しずつボランチらしくなってる。前も言ったけど、体当てるところは当ててほしい。

トウハラ ミスも少なくて、チームでやりたいこともやれている。SBの受ける位置に指示を出したがユウシよりも実行してた。そのまま積極的に攻撃に関われると、もっと面白くできそう。


後半からは、ベンチの選手を全部入れる。こちらも結果から先に言うと0-3。交代したら、力は落ちると思ってたが、想定以上に落ちちゃったな。タカラやハルトの、それを外したらほとんど入らないだろうなーってチャンスを外してしまうことに関しては、そんなに気にはしていない。

むしろ、守備の部分で、

  • 戻れなくてスペースを空けてしまう(コウセイが特に…)
  • ロングボールに対してのカバーリングの意識が皆無。(横1列になってた)
  • 1stDFの強度が低い。

とかの方が気になる。トレーニングで言ってるだけあってね。

後半は、ベンチからはあまり声を出さずに、誰が何ができて何ができないのか見ていました。全員出したいとは思っていますが。試合によっては出しにくいなーって選手も今の所、見受けられました。自覚している選手もいると思うから、まずチームとしてやりたいことは、できるようになってほしい。やれなきゃいけない。

結果は 7-3 です。


後半組、1試合通した選手にコメント

マナト 無理しずにボールを動かしてくれることがいいところ。ただこの試合に限っては、後ろ向きにプレーすることが多くて前!前!って思ってました。フィジカルで戦わないために、出すならあと2歩前にパスを出すと楽にやれそう。

ユウスケ 練習から上手くいかなくて、自信がなくなっちゃってる。自信がないが故に、ルックダウンして、プレーが遅くなる。相手のプレッシャーに気づかない。プレー1つ1つに落ち込むよりも、次どうするかのメンタルを持って。

ホリ コーチングの面で非常に助かっている。ビルドアップの時、相手のトップを食いつかせて、ボランチ、SBに当てる前、少し出すのが遅いのが気になる。パスコースが限定された状態でパスが出てしまうと、味方も苦しくなる。

シュンタ 前向きにプレーする意識が強くて、相手のDFが絞らざるを得なくなる。そこに、トップ、トップ下に当てて、サイドに散らすから、サイドが上手くいく。トップチームに上がっている間やや下向きだったけど、この試合は合格!次も期待。

タカラ 今、前に運んでほしい、裏に抜けてほしいってタイミングで実際にやってくれるので、タカラの前に対してのプレーが非常に好きです。試合前に伝えたSB、SHの動きも唯一やれていた。頭がいい。試合終盤になってくると、少しずつサボってくるのは気づいてるかな…?

カイト 正直期待以上の出来。上手い選手でも、前で長く持っちゃうぐらいなら、カイトのように、簡単にボールを散らすとか、味方のスペースを空けるような動きをしてくれる方が助かる。シュート数に対する、ゴールの数もなかなか。(この試合はハットトリックのはず。)これで技術もついてこれば、今後も期待できそう。


全員書くといっぱいになっちゃうので、書きたいと思った選手だけ!(その日言えなかったこととかを、残せるといいかなみたいなスタンスで)

次(11/23)はFC XEBECです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る