ブログ

岐阜県中学生FS選手権大会

9/21(月・祝)・9/22(火・祝)の2日間 OKB岐阜清流アリーナで 2020岐阜県中学生FS選手権大会が行われた。9/21(月・祝)の予選Lは 中3中心で組んだ 若鮎長良(A)は 岐阜西SC(C)・グリフォン(B)・ジョカトーレ(A)に3勝して 1位通過。中2中心の若鮎長良(B)は レインボー(A)に敗れたものの アウトライン(A)・ラセルバに勝って2位通過して 翌日の決勝トーナメントの進んだ。

決勝トーナメントは 8チームで戦われ、上位2チームが東海大会の出場権。準決勝に勝利することが目標になる。(A)の初戦はグリフォン(A)。警戒しないといけないチームと思っていたが、この試合は先制点を取って(A)が乗った。ボール奪取からのリズムも良く、パススピードも十分で技術的にも進歩したか。と思わせる試合だった。(B)も勝つつもりで レガーレ04(A)に挑んだが、学年差か、フットサルの経験の違いか、準々決勝敗退となった。

(A)の勝負どころの準決勝 相手はレインボー(A)。グリフォン戦の勢いそのままに試合を運びたいところだったが、左足からのスーパーゴールを右上の隅にぶち込まれて度肝を抜かれた感じのスタートになった。相手は乗ってくるし、こちらはシュートに対応しなければならず、ブロックしてもCKの連続からのサインプレーのポジションチェンジに翻弄されているうちに 失点を重ねることなった。それでも ボール奪取からの攻撃は レインボー相手にでも以前より切れのあるスピード感のあるもので 確実に進歩しているのは見て取れたが、ゴールを奪うまでには至らなかったのが残念だ。

この試合では トモカズと相手㊾都のマッチアップ・攻撃に重心を置くと守備が甘くなり、守備に傾くと攻撃にスピード感がなくなること FSの戦術、試合運びのうまさで どれも相手の方が上で そのうえ スーパーゴールや不運な失点もあって 相手がどんどん乗ってしまう。という 逆らえない流れができてしまって もうどうしようもなかった。

東海出場を夢見た選手が それを果たせなかったことは 残念だったけど、フットサルをやるとそのゲームの特性から 判断の速さや プレースピードが向上して 速さの中での技術が身につく、今回も(A)の選手のゲームではそんな場面が多くみられたし、良い経験をしたと思っている。

なんとか この後の 11人のサッカーの試合に生かしたいね。15Lが 残り2試合。そのあと 高円宮杯のトーナメントが 3試合・4試合やれるか 2試合で終わるか。もう残りは少ない。1試合でも多くやりたいし、試合の中で変化を見せたいものだ。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る