ブログ

3月2日 15L 開幕戦

3月2日 2019 15L 開幕

初戦の相手は FC岐阜J.Y. 0-4●

完敗でした。試合前から 体つきが良くなっているなぁ。とは感じていたが、内容の方も非常に良かった。若鮎長良の選手も 対応力はある方なので 時間の経過とともに 慣れてくるかと思っていたが、最後まで 相手のペースの試合でした。途中、何度かリズムをつかみかけたが、GOALを生むことができなかったので 乗り切れなかった。

今年は攻撃的に言ってみようかと思っていたので合言葉みたいのを 三つ決めました。①無得点の試合をしない。 ②シーズンを通して 失点の3倍得点する。③終了まで GOALを求め続ける。

第1節にして 目標は挫折した。選手の評価にいきます。まず、ヒナが非常にぬるかった。ぼーっと入ってしまった。パスをひっかけることが多く、ゲームを作れずに終わった。ディフェンスも緩く、ハイボールには何もしなかった。あとから使った ジュンペイ の方が出来は良かったと思う。ヒナはあの程度ではない。相手が厳しくなってなお、自分のプレーができなければ 試合は支配できない。今日の支配者は トモヤ(FC岐阜の) であった。

ケイ は 相手の カバーリングが 機能しているときに いけなかった。スピードが身上なので スペースがある状況なら いけるが 消されるといけない。ダブルタッチが習慣になってないし。カワカツショウタ との差かなぁ。

中盤を かなり楽につながれて 良い状況から 長いボールを使われた。この辺のところは ヒナを含めて イット と シュウト の課題になる。

FC岐阜の方が 良く足が動いていて 若鮎長良の選手の一歩目がほとんど遅れた。2点目与えたときに もう中盤を自由にさせたらいけないと思ってオクダをあげた。中盤でのボールのところでは改善したが、ウラ蹴りになってしまった。オクダ がうまくないのは知ってることだから 求めたとしたら 野村が悪い。悪いところが消えて、いいところが目に付くように うまく使えなかった。苦しい状況であったということだ。オクダをあげた時点で GOALを 取れなければ失点が増えることは 想定される。

クロスバーをたたいたり いくつかチャンスはあったと思うが、 決めたかったのは シュウトの クロスを ヒナが触れなかった。のと リョウガの抜けだしからのシュートかなぁ。リョウガの センスは どうもまだ好きになれん。

コバヤシは あがると 帰れなかった。コジマは ミスもあったし、カバーのポジショニングが あまり良くなくて 危なさを感じた。ユウスケは いつも通りやれていた。スタメンは外せない。リョウガも リツよりは存在感はあった。次回は リョウガが スタメン。

いづれにしても 久々の1部Lで やはり甘くはなかったということだろう。引き締めるのはいい経験だったと思う。次に生かそう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2019年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る